建物たんぽー in 宮古島 | 戸建て専門塗装 株式会社 乃一 | 塗り替え 無料 診断 見積 屋根 外壁 塗装 愛知 名古屋
お問い合わせ
ページトップ

BLOG

スタッフブログ

2024.2.2

建物たんぽー in 宮古島

 

 

こんにちは、社員Oです。

 

 

前回の社員Hさんのブログから紹介がありましたが、そうなんです。

私たちも行ってきました楽園サー!

 

今回は、2泊3日のリフレッシュな旅となりました。

皆さんにも宮古島のキレイな景色をお裾分けさせてください。

 

 

 

宮古島の建物はちょっと特徴的

 

 

 

 

 

 

 

本当に綺麗な海でした。

旅行期間中は3日とも曇りの日が多く、晴れ間の綺麗な海は見られないかと思っていましたが、なんと3日目最終日に分厚い雲に切れ目が入り、陽が射してくれました。

写真はそのタイミングでここぞとばかりパシャパシャ撮った写真たちです。

ちなみにこちらの三枚目、真ん中が私ですが、だいぶ浮かれていますね(笑)

 

 

綺麗な写真も良いですが、今回はせっかくなので沖縄特有の建造物についてもご紹介させていただきます。

 

いきなりですが、皆さんは沖縄に多い建物のイメージはどんなものがありますか?

 

圧倒的に多いのは写真のような陸屋根の平屋の建物ですね。

 

 

 

どうしてこのような陸屋根平屋の建物が多いのか、少し紹介させていただきます。

 

四方を海に囲まれている沖縄のような南の島国はその他の日本列島に比べて台風の発生率や、通年を通して風が強く吹いていることが特徴です。

 

そのため、2階以上の建物より、横からの風の影響を受けにくい平屋の建物が多くあります。

 

 

また、沖縄に平屋の陸屋根が多くなるきっかけになったのは、沖縄戦と呼ばれた第二次世界大戦の地上戦も一つの要因あたります。

この時、アメリカ軍に建物や山林も破壊されたことで、戦後に家を建てるための木材の入手が難しくなったのです。

さらに、沖縄に軍事基地を造っていたアメリカ軍により鉄筋コンクリートの技術が入ってきたことで、一般的に鉄筋コンクリートの建築が広がりました。

思い返してみると木造建築の建物はほとんどありませんでしたね。

 

そんな建物が多い沖縄も自分たちが住んでいる町との違いを感じるきっかけになり、沖縄らしさを感じるポイントになっているのかもしれません。

 

 

最後にこちらの画像のように沖縄の建物はカラフルな建物も多く見えますよね。

木造から鉄筋コンクリート造の建物が広まった中で、建物の改修に伴い外壁塗装が必要になってきます。

そんな中、ただ白く塗るだけではなく思い思いのカラフルな外壁を選ぶ心は明るい海人ならではの選択なのかもしれません。

 

さて、今回は宮古島の綺麗な写真とともに、沖縄の建物についてご紹介させていただきました。

今週の金曜日からは第3班が宮古島へ向かいます。

天気予報では晴れ間も多く見えそうです。安全旅で楽しんできてもらいたいですね!

 

それでは、今日もブログを最後まで見てくださり、

たんでぃがたんでぃ!(宮古方言:ありがとうの意味)

 

 

 

名古屋市内を中心に東海エリア全域
外壁塗装・屋根塗装・補修工事・シーリング工事・防水工事
戸建て住宅の修繕・メンテナンスに関わる工事はお任せください!

株式会社 乃一
〒466-0054
愛知県名古屋市昭和区円上町1-1
TEL: 0120-117-916
※ お問い合わせ・お見積もり・無料診断はこちらから!

 

 

 

あわせて読みたいNOICHIブログ

建物診断は無料です!
お気軽にお問い合わせ下さい。